社会福祉法人 児童福祉 児童養護施設

伝えたい記憶

  • HOME »
  • 伝えたい記憶

伝えたい記憶

 私たちひとり一人は、記憶を持っています。その記憶は、どんなに大切な記憶でも、歴史の一端に関わった記憶でも、忘却と共に抹消されてしまいます。
 記憶は、音声、動画、写真、文字など、様々な媒体で、共通の記憶として残されていきますが、それは、ほんの一部です。 世界の片隅の小さな記憶の断片、刻み込まれることのない人々の記憶は、無数に存在します。そして、伝えたいこと、知って欲しいこと、いつまでも憶えていたいことなどが、忘却の彼方へと去って行くのです。
 世の中にとっては、些細な出来事でも、その人にとっては、歴史の1ページです。私の記憶の中にも、伝えたいこと、伝えなければならないことがあります。その記憶の断片を文字として残しました。
 第一章 阪神・淡路大震災の記憶
 第二章 韓国の記憶
 第三章 児童養護施設での記憶
 第四章 知的障害者通所授産施設での記憶
 第五章 雑記

創作紙芝居:あかいマフラー

児童福祉 考察トップ→伝えたい記憶→第二章韓国での記憶→共感と実行性
の内容を紙芝居にしました。

舞台は、韓国の児童福祉施設ですが、きっと、戦後の日本でも同じようなことが起きていたでしょうね。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 児童福祉 考察 児童養護施設 で働く All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.